マイクロサービスはコンテナor仮想化?

マイクロサービスは、コンテナ化しないと実現できないか?

DX・デジタルトランスフォーメーション、いわゆる2025年の崖に「DX実現に向けたITシステム構築におけるコスト・リスク低減のための対応策」に「刷新におけるマイクロサービス等の活用を実証」と重要とされているマイクロサービス。さてこのマイクロサービス、コンテナ化じゃなくても実現できないのか?をテーマに説明させていただきます

マイクロサービスに必要な3つの技術

  • ベースは基本「コンテナ」または「仮想マシン」の2つ。
    それぞれ構成が違いますが、アプリケーションコードとライブラリ、設定等を1つにしたもの。
  • オーケストレーション
    マイクロサービス化したアプリケーションのデプロイ・管理するためのプラットフォーム。
  • アプリケーションデリバリコントローラ・ADC(ロードバランサ)
    マイクロサービスが増えると、それらを管理してユーザからのリクエストを適切なマイクロサービスに振り分けていくために、アプリケーションのフロントエンドにアプリケーションデリバリコントローラ・ADC(ロードバランサ)が必要です。

仮想マシンでマイクロサービス

巷では、マイクロサービス=コンテナと言われていますが、仮想マシンでマイクロサービスで実現も可能です。

仮想マシンのメリット

  • 1つの独立したサーバーとして機能するため、仮想マシンごとに異なるOSを動かせる。
  • システム資源の負担が大きく可搬性は低いが、自由度が高い。
  • 多くのユーザは、蓄積した仮想マシンでの資産を転用できる。

仮想マシンでマイクロサービスのデメリットをなくすArrayAVXシリーズ

巷では、実は仮想マシンでマイクロサービスを行うとデメリットがいくつかあります。しかしAVXをプラットフォームに用いることでコンテナを上回るメリットを提供します。

  • 仮想マシンであれば、ホストOSとアプリケーションの間に、ゲストOSやハイパーバイザーなどが介在するるため、オーバーヘッドが大きく、環境構築にも手間がかかるが、AVXはすべてArrayOS上で実現。
  • アプリケーションを動かすことだけも必ずゲストOSやミドルウェアのセットアップが必ずついて回るが、AVXはすべてArrayOS上で実現。
  • マイクロサービス化でプロセスが増えるので、その手間がますます増えるが、AVXはすべてArrayOS上でグラフィカルに実現。

以上です。
興味あるユーザはハードウエア・仮想ライセンスをご用意しますので、是非お試しください。
The network functions platform company「Array NETWORKS」