IPv6エクスターナルリンクコンバージョンツール

IPv6ネイティヴ時代に必要なツール「IPv6エクスターナルリンクコンバージョンツール」

IPv6ネイティヴな状況となり、問題となるのはいまだ残るIPv4アドレスの扱い。
IPv4外部リンクが、IPv6サイトに含まれている場合、つまりIPv6スカイライト(IPv6 Skylight)の問題に使用の対策が必要になります。

アレイはこういった問題を解決すべく、IPv6エクスターナルリンクコンバージョンツールを開発しました。
指定されたIPv6サイトのコンテンツに含まれるIPv4リンクを解析、対応するSLB構成を自動的に生成して、IPv4リンクをIPv6リンクに変換します。
生成されたSLB構成を変更して、APVアプライアンスに適用できます。

IPv6エクスターナルリンクコンバージョンツールとは

IPv6エクスターナルリンクコンバージョンツールは、APVアプライアンスのHTTPコンテンツリライト機能を使用して、IPv6サイトで識別されたIPv4外部リンクを仮サービスのIPv6アドレスに置き換えます。

この仮想サービスは、ポリシーによってIPv4外部リンクサーバーに関連付けられているため、IPv6スカイライトの問題が解決されます。

ツールがIPv4外部リンクを認識すると、IPv4外部リンク変換に対応するSLB構成テンプレートが自動的に生成されます。管理者は、構成テンプレートを編集および変更して、SLB構成を完了し、それをアプライアンスに適用できます。

次の例では、ツールは「http://zhidao.baidu.com」をIPv4外部リンクとして識別し、対応するSLB構成テンプレートを生成します。
管理者が構成テンプレートに基づいてSLB構成を編集および適用すると、システムはコンテンツ内のすべての「zhidao.baidu.com」IPv4外部リンクを仮想サービスvs1のIPv6アドレス「<ipv6_addr1>」に置き換えます。
仮想サービスvs1は、静的ポリシーによって「zhidao.baidu.com」の実際のサービスrs1に関連付けられています。このようにして、IPv6サイトのIPv4外部リンクを置き換えることで、クライアントのWebサイトアクセスエクスペリエンスを向上させることができます。
以上です。

今回の実装など実際に試されたい場合は、検証機器も用意していますのでご連絡ください。
________________________________________
The network functions platform company「Array NETWORKS」
MAIL TO: marketing-j@arraynetworks.net
担当: 対馬浩明
TEL: 044-589-8316