ネットワークには「ネットワーク専用」のハーパーコンバージドインフラストラクチャー

Array AVXシリーズ

ネットワーク特化型ハイパーコンバーチドインフラストラクチャー

レガシーなハードウェアのネットワークをそのままの使用感で仮想化に移行できる基盤です。敏捷性とパフォーマンスを同時に享受できます。SSLアクセラレータが仮想マシンにも最新のECC高速処理を提供。

ネットワーク仮想化「最大の懸念」は性能

パブリッククラウドに移行したものの性能がネックになってしまった、あるいは性能への懸念から仮想化移行を躊躇している、というケースは散見されます。ネットワークでは、トラフィック負荷が経路上のすべてのデバイスに同時に襲い掛かります。アレイの「ネットワーク特化型ハイパーコンバーチドインフラストラクチャー」は、従来のボックス型ハードウェア同様に、仮想マシンの性能見積を可能にします。

仮想マシン高速化対策
「アレイが全部やっておきました」

アレイの「ネットワーク特化型ハイパーコンバーチドインフラストラクチャー」は、ネットワークトラフィック転送パフォーマンスの向上のための高度なテクノロジーを標準装備、複雑な設定は不要で、簡単に活用することができます。

CPU-pinning

各仮想マシンに対して、CPUコアを専用に割当てます。仮想マシンは自身専用CPUの100%のパフォーマンスを期待することができます。

SR-IOV

仮想マシンのネットワーク性能を妨げる要因と言われるハイパーバイザ・エミュレーション。SR-IOVはこれをバイパスしNICにトラフィックを直接転送。ボトルネックを解消します。

DPDK

同一筐体上の仮想マシン間の通信では、DPDKによる仮想スイッチが利用でき、仮想マシンの性能ポテンシャルを上限まで引き出します。

SSL高速処理

仮想基盤ながらSSLアクセラレータを標準搭載。SSLトラフィックの暗号/復号を高速なハードウェア処理で行うことができます。(弊社純正仮想マシンのみサポート)

詳細を知りたい方は
今すぐこちらから

Agility & Performance

ハードウェア感覚で
仮想マシンをプロビジョン

仮想マシンは、専用リソースを割り当てられた4種のサイズのインスタンスを選択でき、ハードウェアアプライアンスのようにスペックを見積可能になります。また、必要に応じてサイズ変更も迅速に行えます。

詳細を知りたい方は
今すぐこちらから
プライベートクラウドもサービス事業者も

仮想化の
「迅速性」と「柔軟性」

サービスインまでのリードタイム、有休機器の発生、迅速に変化するサービスニーズへの対応など、従来型のハードウェアが抱えていた問題も、仮想化によって解決します。アレイのネットワークファンクションプラットフォームは、ハードウェアと仮想マシンの「良いとこ取り」ができるのです。

物理環境の簡素化で

コストも運用管理も
軽減

ラックのマウントスペース確保、ケーブルの設置、電源管理、空調など、物理的な設備管理の負担は小さくありません。仮想化によりハードウェアを集約することがこの負担の軽減に繋がります。

こちらもご参考下さい

マルチテナント環境に最適: 増え続けるネットワーク/セキュリティ機器、「この手があったか」とプロが唸る手法とは

「ネットワーク/セキュリティ機器が増えすぎて、運用が思うようにできなくなった」と話すネットワークやセキュリティのプロもうなずくソリューションが、存在しているのをご存じだろうか? 単なる仮想化の話ではない。それを超えるソリューションだ。 (※アイティメディア様掲載)

詳細を知りたい方は
今すぐこちらから

AVXシリーズのラインナップ

AVX 5800

ネットワーク特化型ハイパーコンバーチドインフラストラクチャー

AVX5800は、40Gbpsのスループットを誇り、最大8基のvAPV/vxAG/3rd Party仮想アプライアンスのインスタンスをホスト可能な、1Uサイズ・デュアル電源のネットワークファンクションプラットフォームです。4種のサイズの仮想アプライアンスオプションをpay-as-you-growのライセンス組合わせをサポートしています。性能の確保を達成するために、CPU、SSL、メモリ、I/Oを各インスタンスに専用に提供します。

Array AVX5800 Network Functions Platform
Array AVX7800 Network Functions Platform

AVX 7800

ネットワーク特化型ハイパーコンバーチドインフラストラクチャー

AVX7800は、80Gbpsのスループットを誇り、最大16基のvAPV/vxAG/3rd Party仮想アプライアンスのインスタンスをホスト可能な、2Uサイズ・デュアル電源のネットワークファンクションプラットフォームです。4種のサイズの仮想アプライアンスオプションをpay-as-you-growのライセンス組合わせをサポートしています。性能の確保を達成するために、CPU、SSL、メモリ、I/Oを各インスタンスに専用に提供します。

AVX 9800

ネットワーク特化型ハイパーコンバーチドインフラストラクチャー

AVX9800は、160Gbpsのスループットを誇り、最大32基のvAPV/vxAG/3rd Party仮想アプライアンスのインスタンスをホスト可能な、1Uサイズ・デュアル電源のネットワークファンクションプラットフォームです。4種のサイズの仮想アプライアンスオプションをpay-as-you-growのライセンス組合わせをサポートしています。性能の確保を達成するために、CPU、SSL、メモリ、I/Oを各インスタンスに専用に提供します。

Array AVX9800 Network Functions Platform

詳細を知りたい方は今すぐ

「性能を確約できるしくみ」 ご紹介します

詳細を見る

AVXシリーズのコンセプトについてはこちらをご覧ください

「具体的な仕様を見たい」というお客様

データシート
ダウンロード

AVXシリーズのスペックをご覧頂けます

「ご質問・ご相談がある」というお客様

お問合せ
フォーム

AVXシリーズや関連するご質問・ご相談はこちらから

MENU