迫りくる2025年の崖 DX(デジタルトランスフォーメーション)

Array AVXシリーズ

DX HUBとしての提案

2025年の崖/デジタルトランスフォーメーション(DX)、企業はなにをすべきでしょうか?
多角的な問題の1つにArray AVXを検討ください。

2025年の崖とDX(デジタルトランスフォーメーション)

「2025年の崖」ネットワークベンダーとして何ができるでしょうか?
平成30年9月に経済産業省が『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~』をリリースしました。
レポートでは、慢性的な人不足(一人情シスを上回る)、様々な製品サービスのサポート終了、既存情報システムの刷新、そして早急なDX(デジタルトランスフォーメーション)への対応を提唱しています。
ネットワークとしては何ができるでしょうか?
「見えるかと仕分け」「DX実現に向けたITシステム構築におけるコスト・リスク低減のための対応策」で考えてみましょう。

「見える化と仕分け」「DX実現に向けたITシステム構築におけるコスト・リスク低減のための対応策」

「見える化と仕分け」
ITシステムの現状と問題点の掌握が必要です。
「DX実現に向けたITシステム構築におけるコスト・リスク低減のための対応策」
刷新後のシステムが実現すべきゴールイメージを共有することが重要です。それには迅速に追従できるシステムを想定する必要があります。

不要なシステムは廃棄し、刷新前には軽量化

やる事、やらない事を明確し仕分けを行い、棚卸をしましょう。 今後も必要な物や、今後不要な物を明確にしてゴールを設定しましょう。

刷新におけるマイクロサービス等の活用

自社で一から作るのではなく、システムを細分化して大規模・長期に伴うリスクを回避、できる限り省力化し完成品を上手に使いましょう。もちろんクラウドも考慮しましょう。

協調領域における共通プラットフォーム構築

不都合がない程度にいろいろな部門や会社とプログラムやシステムを流用して、スピーディーにやりましょう。

詳細を知りたい方は
今すぐこちらから

Agility & Performance

DX実現に向けたITシステム構築におけるコスト・リスク低減のための対応策

  • 不要なシステムは廃棄し、刷新前に軽量化
    • 不要な物のコンソリデーション
    • 仮想化
    • クラウドシフトマイグレーションの準備
  • 刷新におけるマイクロサービス等の活用を実証(細分化により大規模・長期に伴うリスクを回避)
    • マイクロサービスの導入
  • 協調領域における共通プラットフォームの構築(割り勘効果)
    • 他社との連携

こちらもご参考下さい

マルチテナント環境に最適: 増え続けるネットワーク/セキュリティ機器、「この手があったか」とプロが唸る手法とは

「ネットワーク/セキュリティ機器が増えすぎて、運用が思うようにできなくなった」と話すネットワークやセキュリティのプロもうなずくソリューションが、存在しているのをご存じだろうか? 単なる仮想化の話ではない。それを超えるソリューションだ。 (※アイティメディア様掲載)

詳細を知りたい方は
今すぐこちらから

AVXで実現できること

不要なシステムは廃棄し、刷新前に軽量化
不要な物のコンソリデーション

  • 棚卸して、不要機器を整理し、集約。コンソリデーションする。
  • ネットワーク機器を仮想化できるとマイグレーションに有利

ラックの物理スペースを削減
乱雑なケーブル配線も削減
電源容量や電源プラグも削減
空調効率も向上
サブスクリプション活用でライセンス料の節約
仮想マシンの入替え/差替えも迅速に

Array AVX5800 Network Functions Platform
Array AVX7800 Network Functions Platform

AVX 7800

ネットワークファンクションプラットフォーム

AVX7800は、80Gbpsのスループットを誇り、最大16基のvAPV/vxAG/3rd Party仮想アプライアンスのインスタンスをホスト可能な、2Uサイズ・デュアル電源のネットワークファンクションプラットフォームです。4種のサイズの仮想アプライアンスオプションをpay-as-you-growのライセンス組合わせをサポートしています。性能の確保を達成するために、CPU、SSL、メモリ、I/Oを各インスタンスに専用に提供します。

AVX 9800

ネットワークファンクションプラットフォーム

AVX9800は、160Gbpsのスループットを誇り、最大32基のvAPV/vxAG/3rd Party仮想アプライアンスのインスタンスをホスト可能な、1Uサイズ・デュアル電源のネットワークファンクションプラットフォームです。4種のサイズの仮想アプライアンスオプションをpay-as-you-growのライセンス組合わせをサポートしています。性能の確保を達成するために、CPU、SSL、メモリ、I/Oを各インスタンスに専用に提供します。

Array AVX9800 Network Functions Platform

詳細を知りたい方は今すぐ

「性能を確約できるしくみ」 ご紹介します

詳細を見る

ネットワークファンクションプラットフォームのコンセプトについてはこちらをご覧ください

「具体的な仕様を見たい」というお客様

データシート
ダウンロード

AVXシリーズのスペックをご覧頂けます

「ご質問・ご相談がある」というお客様

お問合せ
フォーム

AVXシリーズや関連するご質問・ご相談はこちらから

MENU