「常時SSL化」の急速な普及に伴って、セキュリティデバイス等におけるSSLトラフィックの扱いについてIT管理者の悩みは増えているようです。アレイ・ネットワークス株式会社では、弊社のSSLトラフィックの「見える化」ソリューションを実際に体感頂き、導入時のデザイン等も含めてご紹介致します。この機会にぜひご参加下さい。

(※まだ具体的な案件がない、会場までお越し頂くのが難しいといった場合には、ご自席から受講可能なWebinarもご用意しております。ご検討下さい。)

※なお、今後も随時開催して参ります。また、御社向けにプライベートセミナーとしての開催も可能です。お申込みフォームにてその旨をお知らせ下さい。

お申込みはこちら

 

開催要項
対象 SSL可視化ソリューションをご検討中のIT担当者、SIer/サービス事業者のSEの方
会場 アレイ・ネットワークス株式会社 川崎オフィス  (地図はこちら)
開催日時 お問合せ下さい

※プライベートセミナーをご希望の場合も、こちらのお申込みフォームからお知らせください

定員 6名様
費用 無料
参加特典 仮想ADCアプライアンス”vAPV”のトライアル版ライセンスを「2基x2ヵ月」分ご提供致します(通常、トライアルは「1基 x 1ヶ月」分のみです)
御準備頂くもの PC(下記の条件を満たすもの)
– WiFi接続可能なもの(Win7 or 10が望ましい)
– 物理LANポート使用可能なもの(パケットキャプチャで使用)
ソフトウェア類
– TeraTermなどのコンソールアプリ(APV設定で使用)
– Wiresharkなどのパケットキャプチャツール(動作確認用)
– Chrome, Firefox等のブラウザ(動作確認用) ⇒ハンズオンはChromeを基準にしていますが、複数のブラウザがあれば、ブラウザによる動作差分も見ることができます
アジェンダ 1.Who’s ARRAY?
・アレイ・ネットワークスのご紹介2.常時SSL化の現状/課題/展望
・トラフィックデータ最新版
・SSLの技術動向 他

 

3.ハンズオン準備
・PC準備(Wireshark、キャプチャLANポート)
・ブラウザ(Chrome、Firefox)

~休憩時間~

4.SSL Interceptionの解説
・Integraded modeとDistributed mode
・導入デザイン 他

5.SSL Interceptionハンズオン
・APVでDistributed modeを設定
・平文でのトラフィック確認

~休憩時間~

6.Technical Tips

7.SSL Interceptionのロードマップ
・今後のエンハンス予定紹介

8.クロージング(およびFAQ)