なぜ仮想マシンに性能保障できるのか?

一般的な仮想化基盤では、ハードウェアはハイパーバイザから受け取ったタスクを処理しています。パケットのハンドリングは特にリソースを消費するため、ネットワークに大量のトラフィックが集中した場合、仮想マシンのスループットは著しく低下することになります。

アレイのN-HCIであるAVXは、それぞれの仮想マシンには専用にハードウェアリソースを割り当てることで、競合を防ぎます。パケット処理に対してはSR-IOV機能を標準装備し、ハイパーバイザ処理を介さないトラフィックのハンドリングが可能になります。これにより仮想マシンのスループットの大幅な向上が望めるのです。


仮想化のメリットも”もちろん”

アレイのネットワークファンクションプラットフォームでは、もちろん仮想化テクノロジーの本来持っているメリットも得ることができます。


つまり、「ネットワーク特化型HCI」は、仮想化テクノロジーの「迅速性」と、レガシーなハードウェアが確約する「性能」を、同時に享受(良いとこ取り)できるのがアレイのネットワークファンクションプラットフォームなのです。


こちらもご覧下さい。


弊社までお気軽にお問合せ下さい

ご不明な点などございましたら、メールでのご連絡も受け付けております。また、弊社製品の販売代理店からご連絡を差し上げる場合もございますので、あらかじめご理解をお願い致します。